自由民主党 横浜市会議員 川口ひろ 公式ウェブサイト


自由民主党 横浜市会議員 瀬谷区 川口ひろ

  • さあ!
  • 未来
  • 可能性
  • 広がれ瀬谷区!

ご挨拶

自由民主党 横浜市会議員 瀬谷区 川口ひろ

さあ! 広がれ瀬谷区!

~「新しい」の種をまき、育てる。~

瀬谷区には活気溢れる未来があります。

平成31年度に「相鉄線・東急直通線」並びに「相鉄線・JR直通線」が開通する予定です。

そして、当面の懸念事項だった米軍の上瀬谷通信施設跡地も今年の6月に返還が決定され、横浜市瀬谷区は新しい時代を迎えます。

さらに、2020年に控えた東京オリンピック・パラリンピックは横浜市、瀬谷区だけでなく、日本において新しい息吹が肌で感じられるはずです。

この否応なし訪れる大きな変化の波は、日本で一番大きな政令指令都市である横浜市でありながらも日本古来の風土と趣を残す瀬谷区をより多くの地区、他県、そして世界にアピールできるチャンスであると私は考えます。時代の境目を迎えた瀬谷区において私は皆様と共に「新しい」の種をまき、皆様と手を取り合って育てていけたらと考えております。

新しいことには期待と希望があります。住み良く、希望が持てる街づくりに貢献できるよう頑張りたいと思います。この瀬谷区から、新しい物語が始まります。


略歴

生年月日

川口かわぐちひろ
1980年(昭和55年)5月4日(みどりの日)

趣味

  • 野球観戦
    中学、高校時代は野球部所属。
  • サッカー観戦
    好きなチームは横浜F・マリノス リバプールFC。
  • プロレス観戦
    好きなレスラーは獣神サンダーライガー。
  • 海外ドラマ鑑賞
    Xファイルから鑑賞。好きな作品はFriends、LOST、フリンジ、シャーロックシリーズ。
  • 音楽鑑賞
    バンド経験あり。今年最初に買ったCDはハナレグミ。
  • 映画鑑賞
  • 好きなキャラクターはスナフキン
  • 好きな言葉は「夢を見るから人生は輝く」

学歴

  • 私立 精華小学校 卒
  • 私立 攻玉社中学 卒
  • 私立 攻玉社高校 卒
  • 青山学院大学 第二部経営学部 卒

職歴

大学卒業後、喫茶店勤務、レストラン勤務を経て本の制作、編集、出版を行う会社を設立。2012年に電子書籍で作品を出版。多くの方に作品を読んで頂き、翌年の2013年に本を出版し、本にまつわるイベントや公演を多数行う。また、2012年よりNPO法人鎌倉きものプロジェクト~結~の立ち上げに尽力。多方面に渡って活動。2014年に株式会社サステムに入社。そして、横浜市会議員 川口正寿の秘書をつとめる。

2015年に瀬谷区 横浜市会議員 当選。

所属委員会

  • 常任委員会:温暖化対策、環境創造、資源循環委員会
  • 特別委員会 : 基地対策委員会

広がれ瀬谷区の未来!

広がれ瀬谷区の未来!

元々、農地や木が生い茂っていた上瀬谷の通信基地は、戦前に旧日本海軍が買収し、資材の集結場所として使われておりました。戦後は進駐軍に接収され、昭和22年にいったん接収解除となりましたが、昭和26年に再び接収されたという歴史を持っております。


この上瀬谷の通信基地施設が2015年の6月末までに、日本(防衛省)に返還されることになりました。その大きさは約242ヘクタール、これは東京ドーム約52個分の大きさに当たります。この大きな土地は現在、国有地と民有地がそれぞれ45%程を占めており、民有地の多くが農作物を育てる農地として利用されております。

この莫大な土地は、今年の6月の返還後、国による土壌汚染調査、埋設物の調査、米軍施設等の撤去工事を数年かけて済ませた後、跡地利用の基本計画の策定を行います。そのため今後10年以上をかけて、この大きな土地がどのように活用される事が、瀬谷区民のためになるのか、横浜市民のためになるのか、神奈川県民、さらには日本国民のためになるのか大きな課題が横浜の市政に残されることとなります。

10年先も、20年先もさらには30年先までまかせられる世代がしっかりとこの課題に取り組むことで、瀬谷区は他の県からも、他の国からも注目を受けるそんな街になる鮮やかな展望が見込めます。


さあ! 広がれ瀬谷区の未来!


上瀬谷の通信基地施設跡地利用の皆様のご意見をお聞かせ下さい。少しでも瀬谷区の発展につながるよう努力していきたいと思います。


広がれ瀬谷区の可能性!

広がれ瀬谷区の可能性!

私も瀬谷区に住み、瀬谷区の良さを肌で実感しております。
人の温かみはもちろんですが、私はまず瀬谷区は駅前を少し離れれば農地が広がっている点をあげたいと思います。


いま、「地産地消」という言葉が日本中だけでなく世界中で注目を受けています。この瀬谷区は、日本で一番大きな政令指定都市でありながらも、この世界中が注目をするキーワード「地産地消」が実践出来ている街として日本中だけではなく世界中から注目を受けるだけの可能性を秘めた街だと私は感じております。


瀬谷区は平成31年度に「相鉄線・東急直通線」並びに「相鉄線・JR直通線」が開通する予定です。瀬谷区から都心へのアクセスがとてもしやすくなります。たくさんの方が瀬谷区から都心へ、そして都心から瀬谷区へやってくることが予想されております。


さらには2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。世界中の視線が日本に、それも“ご近所”東京に向けられます。
今から、準備をしっかりとすることで瀬谷区が秘めていた潜在能力を引き出し、世界中に披露するチャンスを逃さず、瀬谷区の魅力を余すこと無くアピールしていけたらと思います。


折しも、私が所属しております横浜市の自民党は「地産地消・食育」を推進し、2014年2月に条例可決へ至りました。


さあ! 広がれ瀬谷区の可能性!


私は皆様のお声を伺いながら、瀬谷区発の魅力を余すこと無く世界中に伝えていく努力をしていきたいと思います。